FXの基本

◆FXとは

 

FXとは、元々は外国為替を表すForeign Exchangeの略で、最近では業者に口座を作り証拠金を預けて為替の売買を行う、外国為替証拠金取引の事を指します。

 

 

FXは、業者に証拠金を預けて、それを元手に貨幣を売買する事で為替の差益やスワップ金利を得る投資の事です。

 

 

FXでは、為替差益を目的にした売買はある程度のテクニック等の経験が必要です。

 

 

FXを始めたばかりの超初心者の人はスワップ金利を得る事を目的にした方が良いと思います。

 

 

FXは、小額の証拠金から始められて、手数料も安く、初心者にも敷居の低い投資方法だと言えます。

 

 

FXは、世界中のマーケットと繋がっていて、24時間何時でも取引が可能です。

 

 

またFXは、国家が発行する貨幣の売買なので、株とは違って会社倒産による資産価値が0に成ってしまうと言う心配がありません。

 

 

しかしFXでも、為替の変動での含み損が大きく成る危険性も有りますが、そんな時でも被害を最低限に抑える「ロスカット」と言うルールが存在します。初心者は最低限知っておくべき部分です。

 

 

 

FXには、スワップポイントと言う独特のルールが有って、これを上手く使う事により毎日何もせずとも収入を取り続けることが出来ます。

 

 

FXは外貨預金に似ていますが、外貨普通預金は低金利高手数料で、外貨普通預金より金利の高い外貨定期預金は、その時々の為替レートと関係なく期間が決まるので取引のタイミングを自分で決める事が出来ません。

 

 

 

FXは、他の投資の様に任せっ放し、預けっぱなしではなく、自分で売買をする分怖い機もしますが、FX初心者として自分の身の丈にあった投資で有益な利益を出す事が出来れば、資産形成において有用な武器に成る事でしょう。

 

 

 

◆FXを始めるには

 

FXを始めるには、基本的にアメリカドルから始めるのが基本の様で、FXでは、これを「ドル円」と言います。

 

それでは何故「ドル円」なのか、その理由は次の3つです。

 

1.ドルが世界の基軸通貨である事

2.情報量の多い事

3.取引量が多く安定している事

 

FX取引を実際に行う場合に一番安心して出来るのがドルであると言う事です。

 

ドルは、取引量も他の通貨に比べて桁外れに多い事でも一番安心で有ると言う事です。

 

またそこに使われる投資額も半端でなく大きく成ります。取引量が多いと言う事は、ヘッジファンドの様な大口の投資家が、意図的に値段を動かそうとしても、市場が大きすぎて意図的には動かせないのです。

 

 

誰かが意図的に動かせないと言う事は、それだけで今の価格が正当な数字で、値動きも読みやすいと言う事です。

 

 

世界的な動きからしてアメリカドルが世界の基軸通貨であると認められていると言う事でしょう。

 

 

そう言った点からも情報量が多いのも頷ける話です。またそれ以外でも普通の人が一番馴染みのある通貨と言えば、円以外ではアメリカドルが一番分かりやすく、イメージも掴み易いと言えるのではないでしょうか。